難読漢字(なんどくかんじ)とは、読み方が熟字訓など表外のものであったり、当用漢字外の漢字や国字が入っているために、一般の人にとって読みにくい漢字系文字の総称。日本では特に一般の日本人にとって読みにくいものを指す。 そもそも漢字は数が数万字以上(Unicodeが7万字を収録。詳細は漢字の項参照)あり、
6キロバイト (722 語) - 2020年10月21日 (水) 21:25



(出典 3.bp.blogspot.com)


ケバケバ?ごわごわ?
こんな漢字あるんやね

【【難読】毛が6つ「毳毳」って読める?読めたら凄いぞwwwwwwww】の続きを読む